民泊をはじめる前の基礎知識として

今、現在の外国人観光客の増加で宿泊サービスの需要も増加しています。また2020年のオリンピックに向けて日本国内の宿泊施設の不足から、民泊が注目されてきています。

こういう状況の中、私も民泊はじめてみようかなと思う方も多いのではないでしょうか。民泊に挑戦しようとする方向けのブログです。でもはじめるにはどうしたらよいかわからないですよね。

このブログのシリーズを見て頂いたら、民泊の開業前の行政手続から、Airbnbのことまで理解できるようになっています。

民泊をしたいと思っても、無許可でやってしまう闇民泊。これは避けたいですよね。個人的に利害度外視の国際交流を目的とした民泊でしたら、摘発される可能性も少ないのかもしれません。

でも副業的にある程度収入もほしいというお考えで民泊をはじめようとする方も、きっちりと法律をクリアーした形ではじめないと今からは摘発されてしまうことになるでしょう。

民泊新法ができる前でしたら、曖昧な形で民泊を運営することも可能でしたが、きっちりとした枠組みができた今は、しっかりと法律を守り、適法な形で民泊を始めないといけません。

合法的に民泊をはじめるには、大きく分けると特区民泊(国家戦略特区内での民泊)、旅館業民泊(旅館業法としての民泊)、住宅宿泊事業法(民泊新法での民泊)の3つに分けられます。もっと細分化できるのですが、今は3つと考えていただいて結構です。

これからの民泊は、なにが主流になるか

これから民泊をはじめるのでしたら、本格的なビジネスでやられる方を除くと、多くなると思われるのは民泊新法、特区民泊です。特区民泊は場所が限定されてしまいますが、特区になるぐらいですから民泊に力を入れている自治体でしょうから、数も増加するでしょう。

個人的に特区民泊をはじめる方は地方に住みながら、特区である東京の大田区などで民泊をはじめるのは難しいかもしれません。やはり個人が民泊をするのであれば、住宅宿泊事業法(民泊新法での民泊)がこれからは主流になるのではないかと思われます。

このブログでは三種類の民泊のはじめ方を紹介するほか、民泊の税知識なども取り上げます。Airbnbについても実際運営するにあったて物件のリサーチ、家具、備品など必要なことをご紹介していきたいと思いますので是非御覧ください。

archive

archive

archive

archive